疎かにして大失敗したポケットチェック

疎かにして大失敗したポケットチェック私の家から歩いて30秒ほどの場所に、クリーニング屋さんがあります。

一人暮らしの頃は、滅多にクリーニングを利用することはありませんでした。

しかし、結婚してから旦那がスーツ着用のため、よくクリーニングへ行くようになりました。

頻繁にクリーニングをしなければならないので、近所にクリーニング屋さんがあって本当に助かっています。クリーニング屋さんのおばさんも気さくな人で、話しやすい人でした。

しかし、そこで私の恥ずかしいクリーニングエピソードが起こったのです。

そこのクリーニング屋さんは、スーツを出しに行くと毎回ポケットチェックをしてくれるのですが、家ではクリーニング前に旦那にポケットの中身を出すように!と何回も言っています。

しかし、その日は旦那もポケットの中身を出すことを忘れていたのでしょう。ポケットから出てきましたのは、飲み屋(キャバクラ)の名刺です。

そんな名刺を見られた私は恥ずかしくなり、ポケットチェックは旦那には任せずに私がチェックしてから持って行くようになりました。

そして今では、クリーニング屋のおばさんも毎回のポケットチェックに何か期待しているようでなりません。

クリーニングの ポケットの中身

クリーニングの ポケットの中身洋服のクリーニングをする時は、ポケットの中身を空にするものですが、私は何度もポケットを探って中身がないよう気を付けています。

以前、バラエティ番組で『ポケットにこんなものが入っていて困った&苦笑した!』という、クリーニング屋さんのインタビューをみて以来、ポケットの中身で相手に色々知られたら恥ずかしいと注意しているからなのです。

ある時、冬物のコートを引き取りに行ったときに、お店で「付属品を入れておきましたから」と言われ渡された袋から、コートの予備のボタンと一緒に茶色いメモ用紙が出てきました。

メモには『大根・だしの素・帰りに本屋・携帯代入金』などと、生活感が丸出しの内容が汚い字でつらつらと書かれており、これを読まれたのかと思うと顔が真っ赤になってしまいます。

一応、預けに行った時に目の前で確認されたのですが、ポケットが多かったこともあり後から出てきたようです。お客さんの物を勝手に捨ててはいけないのだろうとは思うのですが、これは捨てて欲しかった...と心から思いました。

それ以来、恥ずかしいので別の店員さんが担当する時にしか、そのクリーニング屋さんには行っていません。

幼い頃のクリーニングおつかいの思い出

幼い頃のクリーニングおつかいの思い出私が小学生だった頃、今はもう無くなってしまいましたが実家の近所にクリーニング屋さんがあり、毎週一度は通っていました。

父親が毎日着ていたYシャツを出すためです。これは私の仕事として、母から任されていました。

当時は当たり前のように腕にYシャツをかけて、クリーニング屋まで得意げに向かっていました。

帰りはお店の人に袋に入れてもらっていましたが、行きはYシャツを何枚もハダカで持っていたので、今思うと恥ずかしかったなぁと思います。

近所とはいっても5分ほど歩く距離なので、その間に色々な人とすれ違っているのです。当時の私は、お手伝いをしていることに誇りがあったため、平気だったのではないかと思います。

週に一度通っていたので、クリーニング屋のオジサンやオバサンにも顔と名前を憶えてもらっていて、とても嬉しかった記憶があります。

しかし、今では家計を考えてばかりの主婦になり、夫もスーツを着る仕事ではないので、クリーニング屋にYシャツを出す習慣もなくなってしまいました。

あの時のことを思い出すと、懐かしさと恥ずかしさで胸がいっぱいになります。

クリーニングで安物がバレちゃった

クリーニングで安物がバレちゃった近所にあるクリーニング店は、仕上がりが石油臭くなく、値段もそこそこなで手頃なので、いつも利用させてもらっています。

しかも、友達のお母さんがパートをしていることもあって、気軽に行けるので愛用しているのです。

しかし、この間、恥ずかしいことがバレてしまいました。その時は、私のセーターを出していたのですが、仕上がり日になりセーターを取りに行くとなんと紛失してしまったとのこと。

どうしても見つからなかったようで、ひたすら謝罪されました。お詫びとして、購入した服の値段と同額のお金をお支払しますとのことでした。クリーニング店としては、出来る限りの対応をしようとしてくれていたので仕方ない事だと思います。

どこにでもあるようなセーターでしたし、私としては困ってはいないのですが、別の意味で悩んでしまう事態になりました。

それは、服の値段がバレてしまうことです。私は下町に住んでいるので、問屋や卸を利用して洋服を買ったりしているので、人に言うのは恥ずかしい値段なのです。

まさか自分が紛失に合うとは思ってもいなかったので、服の値段がクリーニングでバレるとは想定外でした。

でも、そこはいつも本当に丁寧だし品質も良いので、その後も変わることなく利用しています。