愛着の持てるクリーニング店はもうありません

愛着の持てるクリーニング店はもうありません10数年前から、百貨店系のスーパーに入っていたクリーニング店を利用していました。

価格は少し高めでしたが家から車で数分の場所にあり、スーパーの買い物ついでにクリーニングが出せるのは便利でした。

数人いたスタッフのおばちゃん達が大変親切で、服を出したり引き取ったりする度に長話をしたりして結構楽しかったです。

数年後、海外系大型スーパーができ、その中に入ったクリーニング店がかなり安い価格設定で営業を開始しました。

ちょっと浮気して、その店へ仕事で使う上下スーツをクリーニングに出してみたのですが、引き取る際にパンツ部分を別の客へ渡した事が判明したのです。

数日後に無事戻りましたが、既に別の人がはいたかもしれない物はなんだか気持ち悪く、店のスタッフが謝るだけで店の本社は何の対応もしませんでした。

結局、以前の店を再び利用する事にしたのですが、しばらくして突然クリーニング店のみ閉店してしまい、仕方なく車で数十分の所にある新しいクリーニング店を利用するしかなくなりました。

それなりの応対スタッフ、深夜まで引取可能で料金もリーズナブルで、別にトラブルもありません。でも、最初の店のような愛着はいまだに持てません。

もうスタッフの質を求める事はとても残念ですが、諦めるべきかもしれませんね。

お財布や環境にもエコを意識して

お財布にも環境にもエコを意識して近所のクリーニング店は、時々キャンペーンをします。

3点いくらとか5点いくらというようにまとめて持っていくと、一部の例外はありますが洋服の種類は関係なく同一価格になります。

特に男性物のスーツの上着や、娘のヒダの付いた制服のスカートは、本来単品でクリーニングしてもらうと結構高額になるものです。

ですからキャンぺーンになるのを待って、まとめて持って行くようにしているのです。

洋服の数を3の倍数や5の倍数にしなくては損なので工夫をして、すぐに必要ない物は次回にしようとか、実家に声を掛けて合せて数を増やしたりと画策しています。

同じクリーニングに出すなら、少しでも節約したいと思いますし、これもエコの一つですよね!

このクリーニング店ではもちろん出来上がると、すぐに引き取るとハンコを押してくれるカードもあります。お持ち帰りの袋を家から持って行くというのも、もちろんエコとしてやっています。