クリーニングの ポケットの中身

クリーニングの ポケットの中身洋服のクリーニングをする時は、ポケットの中身を空にするものですが、私は何度もポケットを探って中身がないよう気を付けています。

以前、バラエティ番組で『ポケットにこんなものが入っていて困った&苦笑した!』という、クリーニング屋さんのインタビューをみて以来、ポケットの中身で相手に色々知られたら恥ずかしいと注意しているからなのです。

ある時、冬物のコートを引き取りに行ったときに、お店で「付属品を入れておきましたから」と言われ渡された袋から、コートの予備のボタンと一緒に茶色いメモ用紙が出てきました。

メモには『大根・だしの素・帰りに本屋・携帯代入金』などと、生活感が丸出しの内容が汚い字でつらつらと書かれており、これを読まれたのかと思うと顔が真っ赤になってしまいます。

一応、預けに行った時に目の前で確認されたのですが、ポケットが多かったこともあり後から出てきたようです。お客さんの物を勝手に捨ててはいけないのだろうとは思うのですが、これは捨てて欲しかった...と心から思いました。

それ以来、恥ずかしいので別の店員さんが担当する時にしか、そのクリーニング屋さんには行っていません。